親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

投資 手数料

LINEで送る
Pocket

手数料は、時にパフォーマンス以上に重要

2021年までのお祭り相場から、不透明感だらけの相場環境

まずは、金利の動向が不透明

ロシア情勢の収束が見えない以上、

エネルギー価格を中心とした物価上昇は避けられそうにない感じです。

大盤振る舞いした各国中央銀行の方針変換も気になるところです

こういった環境した、昨年までならば

行き場を求めて、金融商品の価額は吊り上がっていきましたが

今年はその反転がどうなっていくのか

そうなると、どうやって投資戦略を考えればいいのか

不安になりますよね

 

ポートフォリオを大胆に動かすときの手数料

今後どうなるかわからないから

ということで、ポートフォリオプロフィールを

積極的からリスク抑制型に大きく動かすのは慎重にするべきです

まず、大きく収益が取れた分の課税を考慮し

売買手数料も考慮しなければなりません。

よく、過去の実績リターンで5%と明記されている商品でも

売買手数料、もし投資信託ならば信託報酬はどのようなものか

あまり大きく書かれていない場合をよく目にします。

 

 

 

手数料控除後のリターンが、私たちの手元に残る

5%のリターン(収益)だったとしても

手数料で3%控除されれば、

手元に残るネットのリターンは2%です

この低金利下で5%のリターンが得られるということは

相当のリスク(上下変動幅)をとる必要があります。

ドキドキしながら、5%(ネットで2%)の収益を得るのか

手数料が低い商品で2%の収益を得るのか

ジェットコースターが好きか

メリーゴーラウンドが好きかと似ているかもしれません。

短い間ならばジェットコースターもいいでしょうが

投資は基本、長期間です。

投資戦略を考えるときは、手数料、ネットの収益を考慮にいれることをお忘れなく

そして、あくまでも自己責任で!

 

今回こちらの記事を監修しました。

よろしければご一読ください。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の手数料を他の取引所と比較してみた|レバレッジ取引やクイック販売所の手数料などまとめ

 

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang