親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

老後資金の悩み 

LINEで送る
Pocket

生涯現役が究極の薬

セミリタイア(半分退職)

ポストリタイア(退職後)

そろそろ還暦が近づくと、サラリーマン時代が終わり。

ただし、それは昭和の話です

いつまでもサザエさんではない

昭和時代の日曜日夕方といえば

みんなでテレビを囲んで「サザエさん」を観ながら

ちょっと憂鬱な気持ちになる

というのが定番でした

 

平成を超えて今は令和

でも今は令和

当時とはライフスタイルが全く違います

家族で1台のテレビを囲むよりは

それぞれがスマホやタブレットで好きな録画や配信を楽しむ

新型コロナウィルスの感染拡大防止から

月曜日でも出勤しないケースは増えている

だから老後の過ごし方も変わって当然です

サザエさんが盛り上がったころの1970はじめの

 

平均寿命は65歳

定年55歳としても第二の人生は10年間

今は第二の人生は90歳-65歳で25年間です。

当時は、3,000万円の退職金と日頃のくらしを十分カバーできる年金

今の年金支給額は、サラリーマンだった時代を含めても

1人20万円には届かないケースが一般的

労働市場の流動化で退職金ははるかに少額

すでに65歳以上の人口は4分の1を超えています

自分で自分の生活費を賄うしかありません

 

実は、昭和時代も生涯現役

かつてのサザエさん時代でも退職してからの人生は10年間

と考えると、生涯現役というのはかわらないのです。

収入の過多にかかわらず

生涯現役

生涯働き続けることがベストの解決策

そのためには、

生涯健康

これにつきます

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang