親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

顧客 扱い方

LINEで送る
Pocket

日本人同士なのに顧客へのメールに「さん」?

グローバル社会、ボーダレス社会が当たり前の昨今ですが

どうしても気になってしょうがないことがあります

筆者が顧客として付き合っていますが

いつもメールで「柴沼さん」と書いてきます。

たかだか、呼称だから

口語ではもちろん「柴沼さん」で

何の抵抗もありません

 

「柴沼様」と言われることも多々ありますが

むしろくすぐったいような気にすらなります

自分が古い人間なのか

こだわりが強いのかわかりません

でも、顧客に対して

メールや文書で「柴沼さん」

という書き出しを目にするたび

抵抗を感じます。

 

顧客があってこそのビジネス

顧客が売り上げをもたらすという感覚があれば

おのずとお客様に対しての書き言葉では「~様」になります。

 

顧客との個人的な付き合いが長く

「様」とつけるとよそよそしい間柄になっているのなら

わからなくもないですが、

 

担当者が交代して、

筆者にとって全くの初めてであっても

「柴沼さん」と書いてきます。

親近感より違和感を覚えてなりません。

 

 

トップの考え方が会社の色を決める

トップの人の考え方だと思います

海外であれば、顧客に対しても「ナオミ」という書き出しで始めますから

そのまま踏襲しているのでしょう

親しみというより、見下されているような印象をぬぐえません

そうしたことを口に出さずにいる

自分にも情けなさを感じています

 

思っていることは口に出す

日本人トップなのに日本人への対応の仕方を忘れる

海外の在り方にずっぽり染まる

のにはどうにも腑に落ちない

と、来年こそははっきり言いたいと思います

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang