親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

暗号資産 課税

LINEで送る
Pocket

暗号資産の課税

マネーの供給過剰が続く中、投資先として

暗号資産の位置づけも上がっています。

変動幅はとても大きいですが

大きな収益を上げることも可能であると広く認知されるようになって

やってみようと思う方も多くいらっしゃると思います。

 

こちらで詳しく説明していますが

【2022年税制改正?】仮想通貨の節税事情を解説|法人や個人事業主の仮想通貨節税スキームについて

暗号資産で「利益確定すれば」

課税される割合は従来の伝統的な金融資産に比べて高いです。

 

保有し続けるか、それとも

では課税を抑えるにはどうすればいいか

一番確実なのは、利益確定せずそのまま保有し続けることです。

もちろん、保有している限り、資産の上下がありますので

下がってしまえば評価損が出て、心穏やかではなくなりますが。

利益確定したい、でもなんとか課税率を抑えたいという場合は

法人を作るという方法もあります。

ただし、一度法人を作ると、課税割合が低くなるというメリット以外に

煩雑な手続きがずっとついて回ります。

登記をしてしまえば、事務所として登録している住所を変更するだけでも

費用がかかってしまいます。

 

収益を得るには、周りの状況も見渡して

暗号資産で稼ぐ!

と思っても、理解しなければならないことはたくさんありますが

そういう覚悟も準備の一つですね。

こういった手続きや税金処理についても楽しみながら投資と付き合っていけるといいですね

 

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang