親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

好奇心に定年なし

LINEで送る
Pocket

あきらめたら退場

リモートワークが当たり前に受け入れられるような社会になった引き金

そう考えると、コロナ禍が社会に与えたインパクトは大きいです。

いったん、リモートという方向性ができたら

そのゴールへ向かってより快適により速く、より正確に

業務がこなせるようにさまざまな仕組みを考えたり、

改変したりするのは日本人の得意とするところでしょう。

 

喰わず嫌いをせず、まず取り組んでみる

筆者も新しいクライアント様とお付き合いを始めるとき

新しいアプリケーションに出くわします。

時には、「え!、これ全部使いこなせるか?」

と不安になります。それを察してか

先方からは「最初は大変ですが慣れてしまえば便利です」いう返答が返ってきます。

そこで、「問題ないですよ」(ニコッ!)と返すのが職業人。

 

かつて、プロといえば、「○○の専門家」。

今は「プラス 新しい仕組みを抵抗なく取り入れる積極性」がマスト

かつてなら、「自分は金融の理論を説明するという仕事だから、

それ以外のことは別の人に任せればいい(できなくてもいい)」

という言い分も成り立っていましたが

今は、1人で何役もこなす時代

ましてや、リモートになればヘルプ要員がいないのが当たり前です。

 

 

「ITはちょっと苦手」

この言葉を口にしたら、職業人として即退場です。

定年年齢は一律に何歳と決まるものではなく

自分の仕事をとりまく環境に適応できなくなった

適応する努力をするのが億劫になった、というタイミングです。

たとえ、それが35歳であっても、40歳であっても

「ITはイマイチわからなくって」と、言ったら

職業人退場という覚悟が必要かもしれません。

今回、こちらの記事を監修しました。

よろしければご覧ください。

Phantom walletの使い方は?Solana(ソラナ)対応ウォレットの始め方や利用可能な機能を徹底解説

いいもの、いい仕組み、どこが勝っているのか

常に前進し貪欲に吸収する意欲が今まで以上に大切ですね。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang