親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

買い時 わからない

LINEで送る
Pocket

運用を始めると言いつつ

いつまでたっても、そのまま普通預貯金にお金を残したまま

そういうことってありますよね

 

理由は簡単

「今買ったら高値づかみになる」

「買ったとたんに下がったら嫌だ」

「バブルで痛い目にあった」

 

やらない理由を探しているだけ

でもこれって運用という「ちょっと手間暇」がかかることを

やるのが面倒なので、できればやりたくない

その理由(こじつけ)を探しているだけです。

 

運用は余裕資金でやるもの

「今買って高値づかみ」になるっていう考え方自体

おかしいですよね。

だって、とくに使い途が決まっていないのならば

また上がるまで待てばいいだけではないでしょうか

「買ったとたんに下がるのは嫌だ」

これも同じ理由

必ず1年以内に10%上げないと困る!というような

切羽詰まったお金は運用には不向きです。

「期限が決まっていないけれど、

気が付いたら上がっていた」

というようなスタイルが余裕資金の資産運用

 

「バブルの時に痛い目にあったから」

人って勝手です。

損をした記憶はいつまでも声高に言うけれど

例えば最近のアベノミクスで株が大きく上昇しました。

もっと最近では、新型コロナウィルスの感染拡大で

各国中央銀行が大胆な資金供給をして

設備投資への需要が弱いために

金融市場に流れ込んだ資金のために大きく上昇していますが

そういう、上昇した

おいしい思いをしたことは声を潜めています

結局自分の資産は自分以外は責任をとってくれないし

責任をとるものでもありません。

自己責任をもっと重く受け止めて一日も早くはじめましょう。

これからの私たちの歴史の中で

今日はじめれば、明日始めるより早く始められます。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang