親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

オンライン 無意味な場合

LINEで送る
Pocket

実質的なコミュニケーションか

新型コロナウィルスの感染が拡大するにつれて

リモートワークや

リモート会議

リモート授業など

オンラインでコミュニケーションをとることが増えてきました

実際に使ってみてどうでしょうか

時と場所を選ばない利点はとても大きいですが

実感を感じない

と思っている人も多いと思います

ファイナンシャルプランナーとして

オンラインでの相談もありますが

1対1であれば問題ないです

しかし

1対多となると、途端に満足度は下がります

聴衆側として、画面をオフ、音声もオフにして

「ながら」で聞き流すことが許される場合ならばいいですが

実は、話の内容は驚くほど残っていないはずです。

1対1ならば、OKというのは

お互いに、対面と同じように

話に集中するからです

よくオンライン講義はよくない

と言われますが、一斉講義の場合は

真剣に聴いていないからです。

学生にも感想を聞いてみますが

オンライン講義がいいという答えを聞いたことがありません。

本気で参加しないから

講義を提供する側も、相手の反応がわからないので

もっと詳しく話したほうがいいのか

それともここはさらりと流した方がいいのか

わからないために

抑揚のない講義になり

お互いに、しっくりこないまま

とりあえず時間をシェアしたという足跡だけが残る

無意味な時間になります

個別相談でもセミナーでも

オンラインでやるときは、全員が画面をオンにして

きちんと双方向の時間を共有しない限り

ほとんど意味はないといえるでしょう

見た目だけでやった気になる

企画者やマネジメントの自己満足に終わっていないか

便利になった分

効果測定は何倍も厳格化しなければなりません

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang