親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

年金 支給開始

LINEで送る
Pocket

年金は自動的にもらえる?わけではない

老齢年金の支給開始は

「20歳から60歳まで国民年金に加入し、60歳で保険料を納め終わって

65歳から」となっています。

 

年金受給は、年を取ったからだけではなく

一定の障害状態になった場合

死亡した場合一定の遺族に支払われる場合とあります

 

誰にでも訪れる支給事由は「老齢」です

一般的なお話としてご紹介させていただきます

 

その1 年金請求書を提出しないとはじまらない

老齢年金は65歳のお誕生日が来たからといって

自動的にもらえるものではありません。

通常、概ね3か月前にお知らせがきます。

「そろそろ支給事由がきますよ」というものです

具体的には「年金を受け取るために必要な年金請求書」です。

ここに、加入の記録があって、それを確認したうえで

誤りがなければ、必要事項を記入してはじめて

老齢年金をもらう準備が整います。

 

その2 提出タイミングも早ければいい?ではない

書類の提出タイミングも、早ければいいというものではありません

「受給開始年齢の誕生日の前日以降」に年金事務所に提出します。

 

 

その3 原則、後払い2ヶ月、偶数月の15日

年金請求書の提出から約1~2カ月後に「年金証書・年金決定通知書」が届きます。

その後、1~2カ月後に、年金振込通知書、年金支払通知書または年金送金通知書

が届き、ようやく年金支給が開始となります。

原則、偶数月の15日に振り込まれます。

例えば、2月に65歳のお誕生日を迎える場合

書類提出が受理されて、通知書が届いて

実際にもらえるのは、原則4月15日(この日が土日祝日の場合は前営業日)

に2月分と3月分をまとめて支払われる

「後払い」です。

 

誕生日になったのに、年金が振り込まれていない!

と思われる方は、チェックしていただき

年金事務所にお問い合わせしてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang