親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

2022年の相場は荒れるかもしれないケド

LINEで送る
Pocket

2022年は米国の利上げ懸念!

経済関連の報道やSNSではもっぱら

2022年は米国の金利上昇の行方が読み切れないうちは

不透明感が強い

2021年は大胆な金融緩和で金余りが進んだため

グロース株は過熱

その修正も覚悟しなければならない

というのがメインシナリオでしょうか。

 

おかねの持って行き場が見つからない!

確かにそうでしょうね。

そこで問題になるのは

2021年、或いは2020年に大幅に資産価値を上げた人たちは

どこにお金を避難させればいいのでしょう?

もしも、11月の米国大統領中間選挙という政治イベントを

無事にこなしたあと、

調整されていた割高感が解消されているのであれば

また上昇する見通しがたつことになりますね

ならば、

蓑虫のように、一時的には大幅下落を覚悟して

静かに台風が過ぎるのを待つ?

それとも、どこか避難先を見つける?

金融商品は動かせば、なにがしかの手数料がかかります。

利益確定をすれば、税金が発生します。

 

最初に投資を始めたときの価額と比べて

例えば20%の下落が2022年にあったとしても

それよりもずっと前に

ずっと安い価額で買い付けたのであれば

じっと我慢!

ですかね?

 

もどかしいけど、右往左往せずに

じっと待っている間

暗号資産の勉強をするのもありです。

今回、こちらを監修しました。

よろしければご覧ください。

The Graph(GRT/グラフ)の買い方・将来性は?【2022年最新】注目のデータ検索仮想通貨プロジェクトの特徴を徹底解説

 

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang