親と自分の老後不安をまとめて解消|ファイナンシャルプランナー柴沼直美

預貯金はいくらあれば安心?

LINEで送る
Pocket

2,000万円の預貯金ありません!

2019年に物議をかもした「老後2000万円」

きっかけは、金融庁からの報告書でした

 

ざっくりいうと

「老後(65歳以降)の収入源が年金だけならば

30年で2000万円不足するという試算になります」

というものです。

 

数字はわかりやすい

ここでなぜ大きく取り上げられたのか

2,000万円という、誰にでもピンとくる数字が

ついていたからです。

 

前提条件をかえればいい

この老後2000万円問題では

前提条件の「年金収入だけに頼るならば」

が大きなカギを握ります。

言い換えると、

「年金収入だけに頼らなければ」

「ほかの収入源があれば」

「65歳以降も働き続ければ」

と、前提条件はいくらでもかわります。

 

自分が一番できそうなもので前提条件をかえる

今、挙げただけでも、2000万円不足を解消する手段はみつかります。

預貯金をすぐに増やすことはできません

80年代ならば金利が8%程度あったので

元手を2倍にするのに10年もあればできましたが

ゼロ金利時代の今

元手を2倍にするには800年かかります

もっと現実的な方法として

「65歳以降も働き続ける」という選択肢はどうでしょうか

 

まずは1年間プラス60万円

たとえ、時給が法令基準ギリギリでも

体調がままならず、

フルタイムでの勤務は無理であったとしても

1ヶ月5万円でも収入をつくることができれば

収入ゼロの場合に比べて1年間で60万円

10年間で600万円の差になります。

数字の魔力に飲み込まれないで

自分の人生は自分の力で切り開いていくことができます

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

老後資金や親の介護など、あなたにぴったりのストレスのない解決方法をご紹介いたします。

お問合せはこちら お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP
Lang